ホーム > ブログ > 浮気調査事例(妻の浮気)

浮気調査事例(妻の浮気)

投稿者 admin on 2018/03/13 19:02:00

依頼者 40代男性(鹿児島市在住)

相談

妻が浮気相手に送るLINE「終わったよ 先にかえるね」を間違えて私に送ったことで浮気が発覚しました。

妻は私に送ったと言い切るのですが、このような内容を私に送るはずがありません。

思えば会社からの帰りが遅くなったり、飲み会が増えたことでも不審に感じていました。

因みに私は離婚する気はありません。

証拠をとり、妻と男性を別れさせるのが目的です。

場合によっては浮気相手に慰謝料も視野にいれてます。

調査方法

休日は家族と過ごすため、会社帰りか飲み会時に接触していると想定される。

然しながら、帰りが遅いのもまちまちで、飲み会のときはその日の夕方にしか連絡してこないため、日時の特定が困難な状況である。

よって、対象者の行動を特殊機器にて監視し、会社帰りに不審な行動をしたときや、飲み会のときに調査を実行する。

調査結果

依頼者が懸念されていた通り会社帰りや飲み会時に同僚である浮気相手と接触してはラブホテルに出向いていた。

報告後も依頼者は信念は変わらず、離婚しないで問題を解決する意向にあるため、妻と交わす「誓約書」、浮気相手と交わす「和解契約書」を作成。(無料)

1.JPG

証拠内容

ラブホテル3回

食事2回

浮気相手の身元特定

写真211枚

調査期間・24日

調査時間25時間

調査料金・総額23万円(消費税、諸経費込み)

鹿児島の浮気調査・探偵はヒューマンリサーチへ