ホーム > ブログ > 鹿児島の素行調査事例1612

鹿児島の素行調査事例1612

投稿者 admin on 2016/12/10 14:05:00

探偵相談 50代夫婦

娘の婚約者を調べてほしい。

娘は婚約をしている男性と1年ほど交際しています。

一度、連れてきなさいと娘に言うのですが一向に連れてきません。

娘に聞いた話ですが、その男性は大企業に勤めており高給取りで有名大学出身との事。

私達も初めは喜んでいたのですが、その男性と交際するようになって、娘が借金をしている事がわかりました。

娘に聞いてもブランド物を買ったとしかいいません。

娘は借金してまで欲しがる性格ではありません。

その他にも男性について不審な点がいくつかみつかったため、一人娘ともあり心配で仕方ありません。

nayami-fufu-1.png

調査方法

婚約者の身元が不明なため、娘を尾行し、男性を特定する。

その後、男性の素行調査を行い、目的を果たす。

調査結果

婚約者の素行調査をおこなった結果、既婚者であることがわかった。

しかも依頼者の娘さんとのデートを監視すると、ガソリン代、食事代、買い物した品の精算は全て娘さんが行っていた。

又、同男性は大企業で働く高給取りとの話でしだが実際は週4日程度、バイトでレストランバーで働いているのみである。

驚いたのは男性は娘さんと交際している他にも女性の存在が確認出来た。

依頼者は調査結果を元に娘と話し合いを行い、同男性ち縁を切ることになった。

因みに、娘が別れを決心した最大の要因は婚約者であったことは勿論、他にも女性がいた事であった。

今回の内容は結婚詐欺に該当するものであり、民事でも十分に慰謝料の対象となるため、依頼者の意向で男性に対しての慰謝料請求、刑事告訴も検討することになった。

調査期間3週間 調査料25万円(消費税、諸経費全て込み)

記事担当・鹿児島の探偵S

鹿児島の素行調査はヒューマンリサーチへお任せください。