ホーム > ブログ > 浮気調査(妻の浮気)

浮気調査(妻の浮気)

投稿者 admin on 2016/05/03 0:37:00

依頼者・・・会社員43歳

 

相談・・・妻から離婚を切り出された。離婚の理由を聞くと、「もう好きじゃなくなった」、「一緒にいても楽しくない」などと曖昧な回答であり、納得行く理由ではない。

友達に相談すると、男が出来たのでは?と度肝を抜かれる意見があった。そのときの私の心境としては、それはないな・・・と思っていたのですが、よく考えてみると可能性ゼロではないと思うようになってきました。

最近の妻が私への冷たい態度や、携帯を身に離さない行動や、友達とご飯を食べに行くと言い子供の面倒を私に託し、夜な夜な外出する事もあった。

考えれば考えるほど、妻の浮気が頭から離れなくなりました。

私自身は子供も小さいし、妻の事が好きだし離婚は阻止したいものであります。

最近は食事ものどに通らず、ため息が尽きません。

本当に友人が言うように妻が浮気をしているのであれば、ハッキリさせたい気持ちです。

妻は専業主婦であり、子供が小学校に行っている間は自由だし、何をしているのかはわかりません。

たまに夜外出することもあります。

Fotolia_47945690_Subscription_Monthly_M.jpg

調査方法・・・万が一の離婚に備え、複数回の不貞行為の証拠を押さえる目的もあるが、離婚を阻止するためにも不貞行為の証拠は必要である。(不貞行為をはたらいている側からの離婚請求は認められない)

なによりも、離婚を阻止するためには話し合いが必要である。

その為にも現状を把握しなければ打開策も立てられません。

対象者(妻)がなぜ離婚を要求するのかを解明しなければ話し合いをしても意味がないのです。

(妻)は月~土(日曜日は依頼者が休日で自宅にいるため、対象者も自宅にいる)の日中、自由であるため、調査実行日時の絞込みが困難である。

又、夜の外出も日時を特定するのは困難であり、まともに調査をすれば調査費用が膨大なものになる。

よって、対象者の車にGPSを付け、監視状態におき、動きがあった日中や、夜間に外出したときに急行し、調査を実行する。

上記の調査方法により、無駄な張り込みをカットし、重要な日に絞込み調査を行うことが出来るため、依頼者の負担を抑える。

1ヶ月、40時間コースの35万円(人件費、報告書作成費、交通費、消費税すべてコミコミ)

 

調査・・・ラブホテル4回、デート風景(食事、ドライブ、家族湯)6回の証拠取得、及び浮気相手の氏名、勤務先判明。

 

ご報告・・・覚悟はしていたとはいえ、報告書をみた依頼者はひどく動揺がされていました。

数十分すると、依頼者は落ちつきを取り戻し、冷静になり始めました。

これからどうすればいいのか私はじっくり依頼者と話し合い、依頼者の出した結論は「離婚はしない」でした。

まっすぐ正面からぶつかる覚悟決めた依頼者に私が提案した内容は奥さん、浮気相手と話し合いの場を設け、奥さんの本当の気持ち意向を確認する事でした。

そして、奥さんには誓約書を書かせ、浮気相手には慰謝料、そして、今後会わない規約を含め和解契約書を交わすことです。

当社としては誓約書、和解契約書をサービスで作成し完結となりました。

上記の方法が全て正しい訳ではありません。その人、その人で打開策は違います。

私達は依頼者と1ヶ月にわたり、お付き合いをさせていただき、調査によってわかった奥さんの性格、そして浮気の進行状況、浮気相手の分析を行い、はじめて打開策がご提案できます。

ブログ担当・鹿児島の探偵H

鹿児島の探偵業務はヒューマンリサーチへお任せください。

コメント: