ホーム > ブログ > 粘り勝ち

粘り勝ち

投稿者 admin on 2015/08/27 1:50:00

調査開始から3ヶ月、やっと証拠がとれました。

3ヶ月前に調査を開始。

対象者に動きがある度に調査を行うも、同姓の友達と食事をしていたり、子供と一緒であったりと、全く異性との接触はありませんでした。

依頼者は浮気を確信していたこと、離婚のための証拠取得依頼でありましたので、私達、探偵は焦りと苦悩の日々が続きました。

私達は、なんとしてでも証拠をとりたい思いで長期戦を覚悟し対象者が動くことを信じ、とにかく待つことにしました。

すると、開始から約3ヶ月が経過したとき、対象者に今までにない動きがありました。

対象者はあるマンションの来客用駐車場に停まっています。

車内に対象者の姿がないため、張り込みを行いました。

張り込みが数時間経過したとき、対象者がマンションから出てきました。

対象者は辺りをきょろきょろと見回しながら出てきては車両に乗車し、その場を去りました。

私達は、対象者の不審な動きから異性の自宅と推察し、このマンションにポイントを置きました。

対象者がマンションを訪れた時間帯を予測し、後日同マンションに訪れる様子を確認。

読み通り同マンションに訪れた対象者は000号室に入って行きます。

数時間後、対象者が000号室から出てきます。

ばっちり証拠写真を押さえた後、私たち探偵は対象者の尾行を行わずにマンションでの張り込み調査を継続します。

数十分が経過した頃、対象者が訪れた000号室から異性が出てきます。

しかも同人物は出て行く際、玄関のカギを施錠したことから、同人物の自宅であることと、対象者と2人きりの密室状態であったことも推察されます。

その後、同マンション000号室の名義が異性の名前と判明。

img_2.jpg

その瞬間、正直私たち探偵は安堵しました。

そして、なによりも私たちを信じて待ってくださった依頼者の想いに応えられて本当によかったです。

 

鹿児島の探偵・T

コメント: