ホーム > ブログ > 慰謝料の算定

慰謝料の算定

投稿者 admin on 2014/10/13 21:43:00

浮気(不貞行為)での離婚の場合、精神的な苦痛の代償として慰謝料が発生します。

しかし、浮気でも軽度の場合と重度では慰謝料の額が変わってきます。

一般的な算定基準は下記の通りです。

  • 不倫関係の期間と頻度(不貞行為の回数)
  • 相手の収入
  • 婚姻期間
  • 不倫による婚姻関係の破綻の程度
  • 夫婦関係の良し悪しの状況
  • 不倫相手の年齢や配偶者の有無
  • 不貞相手の帰責性・故意過失の度合い
  • 不貞した者の社会的地位や支払い能力
  • 出産や同棲の有無

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu500.jpg

算定には年収や婚姻期間がベースとなり、不貞行為の頻度が大きく影響するようです。

慰謝料の計算が出来る便利なサイトをご紹介します。

ヒューマンリサーチ鹿児島支店 鹿児島の探偵K

コメント: